みなさんこんにちは*.+ コラボカフェトーキョー編集部YUUKIです…♡

 

今回はみんな大好き『おジャ魔女どれみ』が、今年20周年を迎えたということで開催されている「おジャ魔女どれみ Cafe&Kitchen」にお邪魔した感想を全力でお届けしたいと思います☺️💐

こちらのコラボカフェ、池袋での開催は残念ながら終わってしまっているのですが、大阪では9/29(日)まで開催されていますよ🌟

 

さて、わたしはこの記事をすごい熱量を持って書き進めて行きたいと思っているのですが・・・みなさんは一体どれくらい「どれみちゃん」が好きですか?!

そうです!わたしはめちゃめちゃ大好きです・・!笑

 

なんと言っても放送が開始された1999年は、わたしはまだ幼稚園生!それはもう、毎放送欠かすことなくチェックしていました😩💕

今でもお友だちとカラオケに行ったらMAHO堂・「おジャ魔女カーニバル!!」は誰かしらが必ず歌いますし、なんなら何回も歌うときもあるくらいにドンピシャな世代です!!

 

「わたしたちは『おジャ魔女どれみ』と共に成長してきたんだ!」と言っても過言じゃないほどに大好きな『おジャ魔女どれみ』のコラボカフェの魅力を、「どれみちゃん、実はあんまり知らないよ。。」という方たちに向けて、そしてわたしと同じ想いを持った仲間たちに向けて、早速お届けしていきたいと思います!!

気になる店舗はこちら!

さてさて、まずは今回のコラボカフェの開催情報をチェックしていきますよ✨

冒頭でもお伝えした通り、池袋と大阪での開催でした!

<池袋店・外装>

池袋店は、西武池袋本店にて開催されていたのですが、お邪魔してみると壁一面に可愛いキャラクターたちが散りばめられていました💕

 

<店舗入口>

人気キャラクターたちが壁にびっしりです・・!

これだけのキャラクターたちにお出迎えしてもらえると、テンションが上がりますよね🔥

事前予約優先制なのですが、店舗の入り口にはイスも並べられていて、待ち時間も気持ちよく過ごすことができました・・!

(楽しみすぎて、予約時間より早く到着しています😍)

 

<事前予約特典>

そしてこちらは事前予約特典のステッカーです!

ランダム形式で入り口で受け取るのですが、わたしは「ハナちゃん」を手に入れることができました🍼💕

(全員で必死に写真におさめています・・!笑)

 

そしてそして!コラボカフェといえば、やっぱり注目はコラボメニューですよね🍽

なにを注文したかというと〜〜!

<どれみの憧れ!ステーキサンドプレート(¥1490+税)>

 

<ももこ、NYの思い出…ミートボールのサラダパスタ(¥1290+税)>

 

<魔女見習いのレインボーパンケーキ(¥1190+税)>

 

<おんぷのパープルタピオカミルク(¥790+税>

 

<あいこのブルーレモネードフロート(¥890+税)>

 

<はづきのオレンジミントティー(¥690+税)>

 

気になるメニューを端から注文〜☀️もちろん、ひとりじゃないですよ?笑

今回も、以前ご紹介した「レオ・レオニカフェ」に行ったメンバーでお邪魔してきました〜☕️

◎「レオ・レオニカフェ」特集記事はこちら◎

見た目も味も楽しむことができるメニュー展開に終始ご満悦なわたしたちでしたっ💕

 

 

さて、せっかくの20周年ということで・・!

ここからは『おジャ魔女どれみ』について振り返っていきたいと思います〜✨

📺YUUKIの『おジャ魔女どれみ』語り📚

さて!ここからは、大好きな『おジャ魔女どれみ』を熱く語ってしまおう!というコーナーです!笑

『おジャ魔女どれみ』は、1999年2月7日午前8:30に朝日放送・テレビ朝日系列にて放送が開始されたTVアニメです💕

第1期『おジャ魔女どれみ』の放送が開始されて以降、第2期の『おジャ魔女どれみ♯』、第3期の『も〜っと! おジャ魔女どれみ』、第4期の『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』、そしてOVAとして第5期の『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』、第6期の『『おジャ魔女どれみ16シリーズ』と展開された大人気アニメシリーズですよね💐

そしてそして、TVアニメ放送期間中には2本の映画も公開!漫画や小説にも展開されていて、いろいろな角度から楽しむことができる作品に成長しました!✨

(ちなみにOVAというのは、「オリジナル・ビデオ・アニメーション」の略称で、TVアニメとは違う形で楽しむことができるアニメのことで、例えば有料チャンネルだったり、DVDなどの記録メディアでの販売だったりレンタルだったりが含まれています〜🌼)

TVアニメに止まらず、いろいろな媒体で楽しむことができるという点もファンにとっては堪らないですよね☺️💕

 

一体どんなストーリーだったのかゆっくりと思い出していきたいと思います〜!

 

物語は、主人公の春風どれみが小学3年生になったばかりの頃から始まります!

ここからはストーリーと合わせてキャラクターも紹介していきますよ😉

<春風どれみ(CV.千葉千恵巳)>

まずは主人公、好奇心旺盛な性格なのに恐がりな「どれみちゃん」!

ドジでおせっかい!でも困っている人を放っておけない性格で騒ぎを大きくしてしまうことも少なくありません😂

どうしてそうなっちゃうんだ・・!みたいな、1番最悪の事態を引き寄せがちですよね!

(ちなみに、そんな性格を受けて「おまえは邪魔なだけの魔女、おジャ魔女だ!」と言われてしまうのが「おジャ魔女どれみ」の由来となっています✨)

 

どれみちゃんは、魔法に憧れを持っていて、「魔法が使えたら好きな人に告白する!」という想いを持っているんです!好きな男の子に告白するために魔法を覚えようとするなんてもう可愛すぎませんか?!笑

そしてそして、『おジャ魔女どれみ』といえば、あたまに浮かぶのは呪文ですよね🌈

どれみちゃん気になる呪文は「ピリカピリララ ポポリナペペルト」!幼稚園生にはちょこっと難しかった記憶がありますね笑笑。

 

そんな「どれみちゃん」は、ひょんなことから怪しげな「マキハタヤマリカの魔法堂」に辿り着き、店主である「マキハタヤマリカ」が魔女であることを見破ってしまうんです👏

<マキハタヤマリカ>

そして正体を見破られた魔女は、なんと魔女ガエル「マジョリカ」になってしまうんです!笑

<マジョリカ(CV.永澤菜教)>

なんと「マジョリカ」を元の姿に戻せるのは、魔女と見破った「どれみちゃん」だけ!?

「マジョリカ」に「責任を取って魔女になれ!」と言われてしまい、「どれみちゃん」は魔女になるべく「魔女見習い」となるのです✨

 

そして『「どれみちゃん」たち』と、さっきから雑な書き方をして進めてきていますが (笑)

そろそろちゃんと他のキャラクターたちも紹介しなくては・・😂!どのキャラクターたちもわりと主要メンバーですからね!!!

 

まずは、「はづきちゃん」・・・!!

<藤原はづき(CV.秋谷智子)>

はい、こちらが「はづきちゃん」です〜!もう超主要人物!!「どれみちゃん」の幼馴染で一緒に魔女見習いになります🌙

成績も優秀で常に冷静なんですけど、めちゃお嬢さま!ヴァイオリンが弾けます!

おっとりした性格で、ちょこっとトボけたところがあるんですけど、電車で座る座席を決めていたりと少々頑固な一面もあったりします・・!

お嬢さまという設定なだけあって、両親が過保護。

魔法で『母親に「イヤ」なものは「イヤ」と言えるようになること』を目標にしています!

いま振り返ってみれば、小学3年生ならではの悩みという感じもしますよね・・!

気になる呪文は「パイパイポンポイ プワプワプー」!!みなさん覚えていましたか?笑

 

続いて紹介するのは〜!ここまで紹介した登場人物で当時わたしが1番好きだった「あいこちゃん」です!!!

<妹尾あいこ(CV.松岡由貴)>

「どれみちゃん」と同じく魔女見習いで、大阪育ちのスポーツ万能、姉御肌でめちゃめちゃ元気娘な「あいこちゃん」。

小学3年生のときに「どれみちゃん」「はづきちゃん」の通う「美空小学校」に転校してきます!両親が離婚していて、タクシーの運転手をしている父親と2人暮らしをしているんですよね。

はっきりと物を言う「あいこちゃん」、最初はふたりもなかなかうまく接することができないのですが、「あいこちゃん」の頑張る姿をみて仲良くなっていきます!

人前では涙を見せず明るく振舞っているのですが、ちょこっと夢見がちな部分もあって、魔法で「両親がもう一度なかよくなったら….」と思っているんです。

魔法の呪文は「パメルクラルク ラリロリポップン」!

 

さて、ここまで初期に登場する主要なメンバーを紹介してきましたが・・・!わたしの思う『おジャ魔女どれみ』のいいところのひとつに、キャラクターの性格がきちんと設定されているところというのがあるんです!!!

お嬢さまだったり、家庭環境が複雑だったり、人間味がある性格がきちんと設定されていることって重要じゃないですか?✨

 

例えば「あいこちゃん」は、たこやきが大好物!たこやきについては作るのも上手なんですけど、当時わたしが本屋さんでおかあさんに買ってもらった『おジャ魔女どれみ』の絵本の中で「あいこちゃん」は、怪しい登場人物に「嫌いな食べ物」を聞かれた時にたこやきって答えるんです・・!みんなが本当に嫌いな食べ物を答えている中で・・!!

すると読み進めるなかで、のちに「これを食べないと進めない!」みたいな意地悪をされちゃうシーンがあって、「あいこちゃん」だけバクバク食べれちゃうんですよ!!

それはそうですよね!ひとりだけ大好物を答えているのですから😂👏笑

はあ・・・・・・・どんなときでも頭がきれる「あいこちゃん」、当時の憧れでした😩💞

 

付け加えると、「大阪育ちで大好物がたこやき」のように分かりやすいキャラクター設定やストーリーも『おジャ魔女どれみ』の特徴のひとつですよね!子ども心を掴んでいます!!

 

そして忘れてはならないのが、根強いファンの多い「おんぷちゃん」!!!

<瀬川おんぷ(CV.宍戸留美)>

「どれみちゃん」たちのクラスに途中から転校生としてやってくる超人気チャイルドの「おんぷちゃん」。

第35話で登場する、「マジョリカ」のライバル「マジョルカ」の元にいる魔女見習いです!

昇給試験も飛び級で合格してしまう天才的才能の持ち主なのですが、禁じられている魔法を使ったり、ちょっと自己中心的な面もあります。。

仕事をしながらも学校へちゃんと通うという努力家でもあり、次第に「どれみちゃん」たちとも打ち解けていきます✨

魔法の呪文は「プルルンプルン ファミファミファ」!!!この呪文の覚えやすさも人気の秘訣でしょうか?笑

 

他にも注目するとしたら、妖精の「ララ」や、どれみちゃんの妹の「ぽっぷ」でしょうか?

<妖精・ララ(CV.高村めぐみ)>

 

<ぽっぷ(CV.石毛佐和)>

「ぽっぷ」は、ドジすぎる「どれみちゃん」を見て育ってきてるので、要領がいいスーパー幼稚園生という設定なんですよ!笑

しかも「どれみちゃん」が魔女見習いだということを見破ってしまい、新しく魔女見習いになるんですwwww

 

ここまでざっと、ストーリーやキャラクターについてご紹介してきましたが、いかがでしたか🌼?

わたしは思い出しながら懐かしい気持ちでいっぱい!改めて観返したい気分になっています😂!!!笑

魔法は絶対的なものではなく、自分で努力したり、誰かを想う気持ちが最強なんだ!というスタンスなのもいいところ・・!!

お母さんお父さんに見習いタップを買ってもらったり、幼稚園ではどれみちゃんごっこで、おんぷちゃんの取り合いになったり、色々な思い出が蘇ってきました!笑

 

小学3年生のストーリーというところで、「学校生活ってこんな感じなんだ〜」となんとなくワクワクさせてもらっていたような気もしますね。

学校生活に重きを置いたストーリーで、クラスメイトにフィーチャーしたエピソードが多く、「お嬢さま」や「片親家庭」の他にも「帰国子女」だったり「誘拐」されてしまったり、、深刻になりすぎない程度に多様性が描かれているのが、子どもだけでなく親にも関心を持たせる要因だったんじゃないかなと思います✨

 

少々熱く語りすぎてしまいましたが、そんな懐かしさと可愛さがいっぱいの『おジャ魔女どれみ』のコラボカフェ「おジャ魔女どれみ Cafe&Kitchen」💕

とても楽しい1日となりました🌼開催期間は残りわずかですが、みなさんぜひ、足を運んでみてくださいね〜!